青森県弘前発イタリアン レストラン日記・DIARIO DA SASINO
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

目指せトップ5!右をクリックで応援よろしくです
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 玉ねぎ | main | フェンネル >>
Barbera D'alba Vigna dei Romani '97
久々にワインメモ。
お気に入りのカンティーナ、エンツォ ボイエッティ。
以前はバローロでしたが今回はバルベーラ、ヴィーニャ デイ ロマーニ畑。
ひと昔前までバルベーラ種はデイリー用品種で軽く飲みやすいワインばかりでしたが、ここ近年、驚くような高品質ワインが市場に出回っており、大注目の品種です。
こちらもアルコール度数14.5%と非常に高く抜栓前から期待大。
開けてみるとバローロほどではないですが果実香溢れる好ましい香り。
口に運ぶとほのかな酸味と柔らかいタンニン、舌を覆う圧倒的な果実味がスーッと
ノドを通り、余韻も長く、頬もゆるみます。
抜栓後3時間、全くへこたれず、あと7,8年は飲み頃が続きそうです。
Enzo Boglietti
MY No.1 Barbera!!
目指せトップ5!右をクリックで応援よろしくです
Posted by : SS(管理人) | ワインメモ | 15:04 | comments(3) | trackbacks(4)
スポンサーサイト
目指せトップ5!右をクリックで応援よろしくです
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:04 | - | -
コメント
飲みたい・・・(*^¬^*)
| kutsuko | 2006/06/21 6:13 PM |

エンツォ ボィエッティのバローロは美味いですよねえ・・・。(修行先のカッシーナ デイ フィオーリのワインリストにも載ってました。師匠の弟のパオロがバロリスタなもので品揃えはかなりなものでした。客の余したものはかたっぱしから飲ませていただきました。笑)うちのバルベーラ ダスティ「ラ クルート’99」(ミケーレ キャルロ)もなかなかですよ。もう4本しかないけど(笑)うちにご来店の際は「パニッサ」(リゾット アッラ ヴェルチェッレーゼ)と一緒にどうっすか!?
| hide | 2006/06/22 12:15 PM |

お伺いした際は是非!
| ss | 2006/06/22 4:08 PM |










この記事のトラックバックURL
http://ssnikki.jugem.jp/trackback/168
トラックバック
「バルベーラ(ブドウ品種)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年7月14日収集分= ...
| ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/ | 2006/07/15 10:43 AM |
トラックバック
私の名は「らふぁえろ」、イタリア各地を風のように駆け抜ける男です。 関係者からは、パックツアーよりも移動が多いことで知られ、イタリアバカの名を欲しいままにしております。 そんな私がバローロ(Bar
| イタリアマニアの気になることは?(Italia Mani@ravel) | 2007/03/11 2:26 AM |
トラックバック
バローロ城 建物は村の中心に位置しています。 入り口   入り口を入ると樽があります。 内部はかつての住人の生活の様子が伺える展示内容 奥に進んでいくと、ワイン作りの資料も展示されています。
| イタリア美術館 | 2007/03/13 3:14 PM |
トラックバック
バルベーラバルベーラ (Barbera) は、イタリア|イタリア共和国の北部、ピエモンテ州が主な生産地の黒ぶどうの品種。収穫量が多く、比較的安価なワインが生産されているが、近年再評価される動きもある。特に、ピエモンテ州のアスティのワイン|アスティ、アルバ (コムー
| ソムリエがごとくワインを愉しむ | 2007/10/06 11:04 AM |
TOP
無料カウンター
派遣会社アトキンスダイエット